トップ  >  研究室紹介
分子教室 研究室紹介

研究室名 研究内容
山田研究室
(応用光化学研究室)
<応用光化学
金属ナノ粒子の光工学的応用
プラズモニクス太陽電池の開発
プラズモニクスの研究

<光機能材料化学>
スピン化学を活用した有機スピントロニクス材料の創製
磁気科学を活用した新規光機能材料の創製
 
 久枝研究室
(人工酵素化学研究室)
<人工酵素化学>
ビタミンB12人工酵素の創製と環境調和型物質変換の開発
●駆動型人工酵素によるクリーンエネルギー・物質変換反応の開拓
バイオインスパイアード触媒の創製を志向したハイブリッド材料の開発
 <錯体化学>
●新しいポルフィリン類縁体金属錯体の開発と触媒機能
多核金属錯体の大規模集積化による次世代機能性分子•マテリアルの創出
小江研究室
(グリーンエネルギー化学研究室)
<光錯体化学>
光を駆動力とした新規触媒系の開拓
●新規な光エネルギー変換材料の探索
 
<バイオミメティクス>
●新規微生物の探索
小分子(水素, 酸素, 窒素, 水)活性化 触媒の開拓
分子燃料電池・次世代太陽電池の開発
 君塚研究室
(分子システム化学研究室)
<分子の自己組織化>
金属錯体の自己組織化に基づく新しい機能の創成
●分子の自己組織化に基づくエネルギー変換システムの開発と応用
●非平衡系における分子組織化技術の開発と応用

 <ナノ界面の化学>
イオン液体を利用するナノ材料・生体高分子ナノカプセルの開発
●分子システム化による分子情報変換・増幅インターフェースの開発
 
 中嶋研究室
(先端ナノ材料創製化学研究室)
<ナノカーボン>
●分析化学によるカーボンナノチューブの物性解明
(電子準位解明、相互作用解析、分離・精製技術開発)
●カーボンナノチューブを用いたバイオアプリケーション開拓
●次世代固体高分子型燃料電池開発

<金属ナノ粒子>
金ナノロッドの分光特性解明
質量分析ツールとしての金ナノロッドの可能性開拓
 後藤・神谷研究室
(バイオプロセス化学研究室)

<バイオテクノロジー> 
 ● Solid-in-Oil化技術を用いた経皮DDSの開発
 ● 医療応用を志向した新規ハイドロゲル化剤の開発
 ● 機能性タンパク質の翻訳後修飾技術の開発と高次機能創出

<プロセス化学>
 ● 非水溶媒(イオン液体)を活用した酵素反応場の構築
 ● レアメタルの選択的抽出・吸着システムの開発

 片山研究室
(機能組織化学研究室)
<新しい治療技術>
 ●細胞内シグナルに応答するDDS・遺伝子治療
 
<新しい診断技術>
 ●細胞内シグナルを網羅的に解析するマイクロアレイ技術
 
<細胞のバイオテクノロジー>
 ●ケミカルトランスフォーメーションによる細胞機能の制御
 木戸秋研究室 <再生医工学・バイオエンジニアリング>
幹細胞操作材料の開発(間葉系幹細胞、iPS細胞)
● 細胞足場材料・人工細胞外マトリックス工学
● 細胞・組織のメカノバイオミメティックス

<細胞メカノバイオロジー>
● 幹細胞分化フラストレーションメカニズムの研究
● 細胞運動を制御する細胞接着・細胞骨格・弾性基材の
 力覚メカニズムの研究
田中研究室(新設)
(ソフトマテリアル学際化学研究室)

<医療材料:バイオメディカルマテリアル>
●分子設計、有機合成、高分子精密合成、生体模倣
血液適合性材料、組織適合性材料、生体適合性材料
●人工臓器、再生医療、先進医療機器、臨床応用
 
<バイオ界面化学:医療機器表面設計>
癌細胞・幹細胞・正常細胞の選択的機能制御
バイオ界面水に着目した生体適合性発現機構解明


プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP