NEWS                     GALLERY

水素活性化酵素のモデル化に成功

(水素エネルギー研究開発へ応用)
 

 国立大学 法人九州大学(総長 梶山千里、以下「九州大学」という)と独立行政法人科学 技術振興機構(理事長 沖村憲樹、以下「JST」という)、独立行政法人日本原子力研究開 発機構(理事長 岡﨑俊雄、以下「原子力機構」という)は、共同で水素活性化酵素である [NiFe]ヒドロゲナーゼ(Ni = ニッケル、Fe = 鉄)の水素活性化状態のモデルとなる化合 物の合成と、その構造解析に成功しました。この研究成果は、2007 年 4 月 26 日 午後 2 時 (米国東部時間)に Science オンライン版にて公開され、2007 年 4 月 27 日(米国東部時 間)発行の Science 誌に掲載されます。

 本研究は、 JST 戦略的創造研究推進事業ナノテクノロジー分野別バーチャルラボの研究 領域「環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製」と、文部科学省科学研究費補 助金・特定領域研究 460「均一・不均一系触媒化学の概念融合による協奏機能触媒の創成」 (協奏機能触媒)の研究の一環として、九州大学の小江誠司(おごうせいじ)教授を中心 としたグループが、大阪大学および兵庫県立大学と協同で行ったものです。

released on 2007-04-26(1327)